アルフで英語.com | アルフのDVD | アルフステーション

とカッコイイタイトルをつけてみましたが、要するに、今月いっぱいで振り返りきれなかったということです(^^);;

しかたないので、各エピソードのエントリーだけでもリストにしておきます。

■エピソード40「The Boy Next Door/隣に来た男の子」
「第40話予告」 (2009年09月06日)
ジェイク登場!
■エピソード41「Can I Get a Witness?/裁判長殿は美人」
アルフがオクモニック家の窓ガラスを割ったと疑いをかけられる。
■エピソード42「We're So Sorry, Uncle Albert/サヨナラおじさん」
ウィリーのおじさんのアルバートがやってきた。
■エピソード43「Someone to Watch Over Me (1)/タナー家の長い夜(前編)」
「エピソード43予告」 (2010年10月01日)
ウィリーが自警団の隊長に。
■エピソード44「Someone to Watch Over Me (2)/タナー家の長い夜(後編)」
「エピソード44予告」 (2010年11月01日)
オクモニック家の泥棒を追い払ったアルフ、逆に包囲されてしまう。
■エピソード45「We Gotta Get Out of This Place/君はボクの女神」
次の家が見つかるまで、ジョディがタナー家に泊まることに。
■エピソード46「You Ain't Nothing But a Hound Dog /アイドルは ぼくだ」
ブライアンが連れてきた迷子の犬に、アルフが嫉妬。
■エピソード47「Hit Me With Your Best Shot/がんばれブライアン」
ブライアンをいじめる子供の父親とウィリーが対決。
■エピソード48「Movin' Out/引っ越し大反対」
「エピソード48予告」 (2009年11月14日)
ウィリーの昇格が決まり、家族は引越さなければいけないことに。
■エピソード49「I'm Your Puppet/もう1人のぼく」
アルフ、腹話術の練習をするうちに…
■エピソード50「Tequila/お酒はほどほどに」
ケイトの親友、モーラがアルコール依存症に。

ライブドアに引っ越して、「アルフで英語」も前後の記事にアクセスできるようになっていますので、読みやすいと思います。

FC2 blog Ranking ← 応援よろしく!

【今日のひとこと】
あと1週間あればよかったんだけど…(^^);

もっと深くアルフにハマりたい!という方は→「アルフステーション」
 
category:振り返り, comments(0)
■エピソード38・39「ALF's Special Christmas/アルフのクリスマスプレゼント」

このエピソードが米国で最初に放送されたのは、1987年12月14日です。
日本では、2009年12月14日と21日の2週に渡り放送されました。
米国版DVDではシーズン2、Disc4の4話目に収録されています。


このエピソードの記事:「次のエピソードは?」 (2007年11月18日)
(記事の上にある 次の記事 で読み進めてください)


「アルフで英語」では、2007年に、日本未放送エピソードとして紹介しました。
長らく日本では放送されていなかった、「幻の名作」でしたが、所ジョージさんの吹替え版で、ついに2009年の年末に放送されました。
何度見ても感動する、素晴らしいエピソードです。
まだ見ていない方は、ぜひご覧ください!
「アルフ 〈セカンド・シーズン〉 コレクターズBOX」と、「アルフ 〈セカンド〉セット1」に収録されています。

このエピソードの日本語タイトル、放送の1年前に「アルフで英語」で紹介した記事のタイトルと偶然同じでうれしかったです(笑)

関連記事:
「ついに本日放送!」 (2009年12月14日)
「前編終了!」 (2009年12月14日)
「後編終了!」 (2009年12月21日)

【あらすじ】
ウィリーが少年時代を過ごした丸太小屋で、クリスマスを迎えることにしたタナー家。いつものように、めちゃくちゃをするアルフをウィリーは「クリスマスのことをわかっていない」と小屋から追い出す。追い出されたアルフは、小屋の持ち主のフォーリーの車に積まれたおもちゃを見ているうちに、おもちゃと一緒に運ばれ、サンタからのプレゼントとして、病院の子供に配られてしまう…。

FC2 blog Ranking ← 応援よろしく!

【今日のひとこと】
やはり、今月中に、振り返りきれませんでした(^^);;
どうしよう…。

もっと深くアルフにハマりたい!という方は→「アルフステーション」
 
category:振り返り, comments(0)
■第37話「夢のアルフ大統領/Hail to the Chief」

このエピソードが米国で最初に放送されたのは、1987年12月07日です。
日本では、2009年6月22日に再放送されました。
米国版DVDではシーズン2、Disc2の7話目に収録されています。


このエピソードの記事:「ep37-intro 第37話予告」 (2010年08月01日)
(記事の下にある 次の記事 で読み進めてください)


「アルフで英語」ではスキップしていたエピソードです。
ケイトの夢の中で、アルフが大統領になります。
果たして、アルフはいい大統領になれるのでしょうか?

このエピソードで、ケイトのミドルネームが Daphne だと判明!(笑)

おすすめ記事:
「ep37-16 就任舞踏会」 (2010年08月16日)
「ep37-24 The Name Game」 (2010年08月24日)

"Hail to the Chief" は、アメリカ大統領のテーマソングみたいな行進曲。
いつものように、YouTube でチェック!
Hail to the Chief (YouTube)

【あらすじ】
テレビで大統領選の討論会を見ながら、アルフとケイトが意見を言い合う。政治家はシンプルな答えを出していない、と言うアルフに、物事はそんなに簡単ではない、と言うケイト。その夜、ケイトは、アルフとテレビの討論会で戦う夢を見る…。

FC2 blog Ranking ← 応援よろしく!

【今日のひとこと】
夢の話ってよく出てきますが、あんまり好きじゃないです(^^);
しかし、このエピソードでも、気になったところは徹底的に調べていますね。スゴすぎる!>自分w

もっと深くアルフにハマりたい!という方は→「アルフステーション」
 
category:振り返り, comments(0)
■第36話「ハネムーンをもう一度/Isn't it Romantic?」

このエピソードが米国で最初に放送されたのは、1987年11月23日です。
日本では、2009年6月15日に再放送されました。
米国版DVDではシーズン2、Disc2の1話目に収録されています。


このエピソードの記事:「第36話予告」 (2009年07月27日)
(記事の上にある 次の記事 で読み進めてください)


アルフがウィリーとケイトに2度目のハネムーンをプレゼントします。
いろいろ問題あるけど、やっぱりアルフって、いいヤツですよね(^^)

おすすめ記事:
「振り向くな」 (2009年07月30日)
「微熱のせい」 (2009年08月02日)

"Isn't it Romantic?" は、アメリカのポピュラーソングのタイトル。
オリジナルは、映画 Love Me Tonight (1932) ですが、いろいろな人に歌われています。
いつものように、YouTube でチェック!オリジナル版と、Ella Fitzgerald バージョンを。
Isn't It Romantic? (YouTube)
Ella Fitzgerald - Isn't It Romantic? (YouTube)

【あらすじ】
アルフを一人で家に残しておくのが不安で夫婦でバラバラに行動するウィリーとケイト。それを見たアルフは、2人が離婚するのでは、と不安になる。住む家がなくなる、と焦るアルフは、なんとか2人に愛を取り戻させようと、アルフが計画したのは…。

FC2 blog Ranking ← 応援よろしく!

【今日のひとこと】
このエピソードをやっているときに、日本語版DVDファースト・シーズンが発売になりました。
「いよいよ開封!(シーズン1日本語版)」 (2009年08月30日)
さらに、セカンド・シーズンの発売も決定に(^^)v
「シーズン2DVD詳細決定!」 (2009年08月19日)

もっと深くアルフにハマりたい!という方は→「アルフステーション」

 
category:振り返り, comments(0)
■第35話「Night Train/夜汽車はロマンの香り」

このエピソードが米国で最初に放送されたのは、1987年11月16日です。
日本では、2009年06月08日に再放送されました。
米国版DVDではシーズン2、Disc2の6話目に収録されています。


このエピソードの記事:「ep035-intro 第35話予告」 (2010年07月01日)
(記事の下にある 次の記事 で読み進めてください)


「アルフで英語」ではスキップしていたエピソードです。
アルフがウィリーと貨物列車に乗り込むという、男のロマンを描いた作品です(笑)
このエピソードで、ウィリーとアルフの友情が一段と深まったような気がします。
DVD(日本語版・北米版とも)には、日本のTVで放送されなかった貴重なラストシーンが収録されています。

おすすめ記事:

"Night Train" は、1952年にリリースされた R&B のスタンダードナンバーの曲名です。
いつものように、YouTube でチェック!
Jimmy Forrest : Night Train (1952) (YouTube)

【あらすじ】
最近、冒険をしていないと嘆くアルフ。ウィリーに冒険の話をしてもムダだというアルフに、ウィリーは自分の若い頃の冒険の話を持ち出す。昔、貨物列車でアメリカを横断した、という話を聞いたアルフは、列車を見たくてしかたなくなる。ケイトたちが外出したのを幸い、アルフはウィリーを説得し始め…。

FC2 blog Ranking ← 応援よろしく!

【今日のひとこと】
この振り返り、相当気合入れてやってるんですが、ちゃんと読んでてくれている人がいるのか不安です(^^);;
まあ、もともと自己満足のブログだから、いっかw

もっと深くアルフにハマりたい!という方は→「アルフステーション」
 
category:振り返り, comments(2)
■第34話「Something's Wrong With Me/結婚式の変な伴奏」

このエピソードが米国で最初に放送されたのは、1987年11月09日です。
日本では、2009年06月01日に再放送されました。
米国版DVDではシーズン2、Disc2の4話目に収録されています。


このエピソードの記事:「第34話予告」 (2009年06月18日)
(記事の上にある 次の記事 で読み進めてください)


アルフのしゃっくりが止まらなくなるエピソードです。
このエピソードで、アルフに胃が8個あることが判明しました!w

おすすめ記事:
「核廃棄物」 (2009年07月01日)
「シンプルな体」 (2009年07月03日)

"Some Enchanted Evening" は、スタンダードナンバーの曲名。(邦題「魅惑の宵」)
ブロードウェイミュージカル「South Pacific/南太平洋」のナンバーで、いろいろな人がカバーしています。
いつものように、YouTube でチェック!
South Pacific - Some Enchanted Evening - The View (YouTube)
Some Enchanted Evening - Perry Como (YouTube)

【あらすじ】
ドロシーおばあちゃんが彼氏のウィザーとついにゴールイン。伝統にのっとって、結婚式を家でやることに。そんな中、アルフのしゃっくりがとまらなくなる。メルマック式のしゃっくりはどんどんと大きくなり、ついにはワイングラスを割れるように。そのしゃっくりを止める方法とは…

【おまけ】
見ればわかりますw
Breaking A Wine Glass With My Voice Like Mythbusters

FC2 blog Ranking ← 応援よろしく!

【今日のひとこと】
懐かしすぎて、振り返りがぜんぜん進まない(^^);;

もっと深くアルフにハマりたい!という方は→「アルフステーション」
 
category:振り返り, comments(0)
■第33話「Oh, Pretty Woman/キミが一番美しい」

このエピソードが米国で最初に放送されたのは、1987年11月02日です。
日本では、2009年5月25日に再放送されました。
米国版DVDではシーズン2、Disc1の1話目に収録されています。


このエピソードの記事:「ep33-intro 第33話予告」 (2010年05月13日)
(記事の下にある 次の記事 で読み進めてください)


「アルフで英語」ではスキップしていたエピソードです。
これもあったかいエピソードですね。
アルフの茶髪疑惑が再燃したエピソードでもあります(笑)

おすすめ記事:

"Oh, Pretty Woman" は、1964年にリリースされた Roy Orbison のヒット曲のタイトルです。
1990年には映画 "Pretty Woman" の主題歌に採用され、1991年にはグラミー賞に輝きました。
みなさんご存知の曲だとは思いますが、いつものように、YouTube でチェック!
Oh, Pretty Woman − Roy Orbison (YouTube)

【あらすじ】
デート相手を他の娘に取られ、落ち込むリン。なんとかリンの力になりたいと思ったアルフは、リンを美人コンテストに応募してしまう…。

FC2 blog Ranking ← 応援よろしく!

【今日のひとこと】
このエピソードをやっているときに受けた TOEIC のリスニングが満点でした(^^)v
アルフのおかげ!

もっと深くアルフにハマりたい!という方は→「アルフステーション」
 
category:振り返り, comments(0)
■第32話「パーティーの人気者」

このエピソードが米国で最初に放送されたのは、1987年10月26日です。
日本では、2009年5月18日に再放送されました。
米国版DVDではシーズン2、Disc1の5話目に収録されています。


このエピソードの記事:「第32話予告」 (2007年10月14日)
(記事の上にある 次の記事 で読み進めてください)


このエピソード、「アルフで英語」では、季節に合わせて、フライングでやりました。
参考記事:【緊急予告】10月といえば (2007年09月30日)
ハロウィンで、アルフが自分に変装してパーティに参加!どうなることやら。

おすすめ記事:
「猫をくわえる」 (2007年10月16日)

"Some Enchanted Evening" は、スタンダードナンバーの曲名。(邦題「魅惑の宵」)
ブロードウェイミュージカル「South Pacific/南太平洋」のナンバーで、いろいろな人がカバーしています。
いつものように、YouTube でチェック!
South Pacific - Some Enchanted Evening - The View (YouTube)
Some Enchanted Evening - Perry Como (YouTube)

【あらすじ】
ハロウィンが近づき、アルフはお菓子をもらいに行きたくてうずうずしている。

FC2 blog Ranking ← 応援よろしく!

【今日のひとこと】
アルフを見ていると、英語以外の雑学も身につきます!

もっと深くアルフにハマりたい!という方は→「アルフステーション」
 
category:振り返り, comments(0)
■第31話「Prime Time/視聴率ってなに」

このエピソードが米国で最初に放送されたのは、1987年10月19日です。
日本では、2009年05月11日に再放送されました。

米国版DVDではシーズン2、Disc2の2話目に収録されています。


このエピソードの記事:「ep031-intro 第31話予告」 (2010年04月01日)
(記事の下にある 次の記事 で読み進めてください)


「アルフで英語」ではスキップしていたエピソードです。
これはツラかった。聴き取り不能、理解不能なシーンが満載でした。
ラストシーンはめちゃ笑えるけど。

おすすめ記事:

このエピソードのタイトル "Prime Time" は、Count Basie の 1977年のジャズの曲名です。
いつものように YouTube でチェック…しようと思ったんですが、見つからない(^^);
こちらで我慢してください。

Prime Time/Count Basie

【あらすじ】
タナー家が、視聴率調査の家族に選ばれる。一方、「ポルカ・ジャンボリー」という番組にハマるアルフ。番組打ち切りにならないよう、視聴率を上げようと…。

FC2 blog Ranking ← 応援よろしく!

【今日のひとこと】
日本語版DVDが発売されてからというもの、わからないシーンがあると、つい、字幕でカンニングしちゃうんですよねー。DVDでカットされていると、字幕がチェックできないので、本当に困ります(汗)

もっと深くアルフにハマりたい!という方は→「アルフステーション」
 
category:振り返り, comments(0)
■第30話「Wedding Bell Blues/ぼく悩んでます」

このエピソードが米国で最初に放送されたのは、1987年10月12日です。
日本では、2009年05月04日に再放送されました。
米国版DVDではシーズン2、Disc2の3話目に収録されています。


このエピソードの記事:「ep030-intro 第30話予告」 (2010年03月01日)
(記事の下にある 次の記事 で読み進めてください)


「アルフで英語」ではスキップしていたエピソードです。
アルフが男子修道院に入るという、異色のエピソード。

おすすめ記事:
「ep30-27 7つの大罪」 (2010年03月27日)

このエピソードのタイトル "Wedding Bell Blues" は、The 5th Dimension の 1969年のヒット曲の曲名です。
いつものように YouTube でチェック。
The 5th Dimension - Wedding Bell Blues - 1969 (YouTube)

【あらすじ】
自分の出生の秘密を知ったアルフは激しく落ち込み、家出してしまう。
アルフが向かった先は、男子修道院だった…。

FC2 blog Ranking ← 応援よろしく!

【今日のひとこと】
心なしか【あらすじ】が雑になってきた、とか、そういうことは言わないの!w

もっと深くアルフにハマりたい!という方は→「アルフステーション」
 
category:振り返り, comments(0)
このページの先頭へ
TOP ▲