アルフで英語 | アルフのDVD | アルフステーション

前回はゆる〜い勉強法をご紹介しました。
今回は、『いや、自分マジ気合い入ってんっすけど!ゆるいのとかいいっす!(怒)』というあなたにお送りいたします。(どなただよ)



それでは、スタート。


アルフで徹底的に英語を勉強してみる。


日々の空き時間にブログ「アルフで英語」を読んで、休みの日や、時間がとれるときに、聴き取り、書き起こし、音読を行えば完璧です。



■ブログを読む

お手軽さ:★★★★★
効用:英語の語順に慣れる、単語・フレーズなど語彙力の強化、日本語と英語の違いに気づく、アメリカの文化、その他雑学

 

続「アルフで英語」は2017年3月末時点で、エピソード83まで完了しております。
毎回45秒ぐらいを切り取って記事にしていますので、面白くなかったり、難解すぎる回もあると思います。そんなときは、すぐにスキップして、自分にあった記事を見つけてください。
3,000を超える記事がありますので、自分の好きなエピソード、自分の好きな箇所を記事を探しましょう。「記事検索」「ブログ内検索」を活用するとよいです。気になるセリフや単語、キーワードで検索できます。

 

「振り返り」というカテゴリーに、エピソード50までのまとめがあります→こちら


■聴き取り

お手軽さ:★★★
効用:英語(米語)の音声に慣れる、間違って覚えていた発音に気づく

英語音声にしてDVDを見るだけです。いきなりハードルが高い!という場合は、英語字幕を表示しながら見てもよいです。日本語字幕を表示するのはおすすめしません。日本語脳と英語脳を同時に使うことになっておそろしく疲れます。これができる人は同時通訳を目指すとよいでしょう(笑)



■書き起こし〜答え合わせ

お手軽さ:★
効用:英語の語順に慣れる、文法の再確認、弱点の確認、英単語のスペルを覚える

ここまでやる人はあまりいないと思いますが(笑)、やるのであれば、単語のスペルはこの際気にせず、どんどん書き起こしてみることをおすすめします。

聴き取りは、意味さえ分かれば、細部は気にしないで済みます。
一方、書き起こしは、細部が分からないといけないので、難易度が一気に上がります。

書き起こしを重ねていくと、英語の語順が理屈ではなく感覚的に身につくようになります。さらに慣れてくると、良く聴き取れなくても、この文脈ならここは would ('d) が来るはずだ、というように推測できるようになります。

さらに、答え合わせをすると、自分の苦手な箇所が確認できます。複数形を単数形にしてしまっていたり、明らかに過去形なのに現在形にしてしまっていたり、前置詞が聞き取れていなかったり。(あ、全部自分のことだった!)

スペルもちゃんと覚えたいんだ!という方は、スペルチェッカーにかけるとよいです。ちなみに私はWordが好きじゃないので、Excelに貼り付けて、F7キーでスペルチェックしています。(こんなところにお役立ち情報をぶっこむw)



■音読

お手軽さ:★★★
効用:英会話の口慣らし

これはおすすめ!

知識があっても実践でしゃべるのは難しいです。
本来なら英語で会話をするのが一番ですが、相手を探すのも大変だと思います。
そこで音読です。音読は、スポーツの素振りみたいなもので、体に形を叩き込む効果があります。 簡単なフレーズを見つけて、文字を見ないでもスラスラ言えるようになるまで繰り返し音読してください。 やってみると分かりますが、驚くほど簡単なフレーズでも、声に出してみるとなかなかスムーズには言えません。私もまだできません(おい)。繰り返しあるのみ!


音読の教材には「アルフで英語」の スピーキング強化作戦 というカテゴリーをご活用ください→こちら


いかがですか?この記事を読んでげんなりした方は、お口直しに、前回の「ゆる〜い勉強法」の方を読み直してください(笑)

あまり根を詰めすぎると息切れして、どっかのブログみたいに長期休養…(あ、自分のことだった!)


そんなこんなで、

新年度も「アルフで英語」・続「アルフで英語」をよろしくお願いいたします!



アルフの作品のすべてがわかる→「DVD/作品紹介」(アルフステーション)

 
category:勉強法, comments(0)
それでは「アルフで英語」を使った英語の勉強方法をご紹介いたします。

まずはゆる〜い勉強方法から。


これ、おすすめ。あまり自分を追い込むもんじゃあございませんよ(誰だよ)。
(注:いったん書いた記事が全部消えてしまったので、若干ヤケ気味です)

まずは日本語でDVDを見る。

めちゃ面白いです。爆笑間違いなし!
笑いすぎて、もう英語の勉強なんていいや、と思った方、そういう生き方も有りです。 引き続きアルフをお楽しみください(笑)
英語とは関係なくても「アルフで英語」を読むだけで、よりアルフを楽しめます。

次に、英語音声でDVDを見る。気が散るので字幕はオフで。
日本語で見てストーリーは分かってるので、英語なんて分からなくてもオッケー。
全く聴き取れないかもしれません。少しだけ聴きとれるかもしれません。
完全に聴き取れた方、ここから先は読まなくていいです(笑)
ちなみに、間違えてポルトガル語で再生しても、バチは当たりませんのでご安心を。

英語、ちょっとだけでも聴きとれると、うれしいですよね。
ほとんど分からなくても、字幕なしで英語のDVDを見たという事実が大事。
なんだかわかりませんが、達成感を味わえます(笑)。あなたはできる子。
続けるうちにこの達成感は少しずつ大きくなっていきます。

なんとなく分かるんだけど、なんて言ってるんだろう?
そんなときは、英語字幕をオンにして、一時停止をして英語のセリフを確認しましょう。 あ!なるほどね!と納得することでしょう。

いや、字幕を見ても、なんだそれ?と思うかもしれません。
そこで、「アルフで英語」の出番です!
分かりにくいところは私が全力で解説しております。
ただ、私にだって分からないところはたくさんあります。何事もなかったかのようにスルーしている場合もありますが、ご了承ください。
人生、なんでもかんでも答えがあると思ったら大間違いですよ(おい)

順番は逆でも構いません。
「アルフで英語」を読んでからDVDを見るのもよいと思います。
1つの記事はだいたいDVD45秒ぐらいの内容で、通勤通学などのちょっとした時間で読むのに最適です。
あなたも「電車の中で英語の勉強してる」アピールしてみませんか?いや、知らず知らずにドヤ顔になっていたら逆に恥ずかしいので注意してください(どっちだよ)

そんなこんなで、アルフっぽく、ゆる〜く英語を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

ぬるい!ぬるすぎる!!!とお嘆きのあなた。
次回、スパルタンな勉強方法をご紹介いたしますので、乞うご期待。


最初の13話が入った「アルフ〈ファースト〉セット1」がおすすめ。Amazonで818円。安い!

(2017年3月28日現在税込み価格)




アルフの作品のすべてがわかる→「DVD/作品紹介」(アルフステーション)

 
category:勉強法, comments(0)

もうすぐ4月。新年度です。毎年この時期になると、新しいことを始めたくなるのは私だけでしょうか?(笑)

そこで、「始めよう!アルフで英語」と題して、おすすめの英語の勉強法をご紹介したいと思います。


これから英語を勉強しようと思っているけど、どんな勉強をしたらいいか分からない、という方に「アルフで英語」を全力でおすすめします。


文中の「アルフで英語」は、以下2つのサイトの総称です。
「アルフで英語」続「アルフで英語」



「アルフで英語」では、
所ジョージさんの吹き替えで日本でも放送されていた、米国のテレビドラマ「アルフ」を題材に英語を勉強しています。


アルフってなに?→ アルフの基礎知識(アルフステーション)

アルフが見たい!→アルフ DVD/作品紹介(アルフステーション)



「アルフで英語」では、
DVDを英語音声で見て、セリフを聴き取って、日本語に訳して、解説する、という一連の流れを日々、ブログにアップしています。



「アルフで英語」はこんな方におすすめ


1)英会話学校に通うのは抵抗がある。自分で勉強したい。
2)堅苦しい勉強はイヤだ。楽しく英語に親しみたい。
3)あきっぽい。色々試したけど長続きしない。
4)達成感を味わいたい。
5)空き時間を有効活用したい。

「アルフ」おすすめの理由


1)面白いから何回見ても飽きない
2)基本の会話は比較的簡単
3)そのまま使える英語のフレーズの宝庫
4)話題が幅広い
5)解説ブログがある(アルフで英語)

続きを読む >>
 
category:勉強法, comments(0)
このページの先頭へ
TOP ▲